フランチャイズシステムに加盟するデメリット

ロイヤリティが必要になる

開業をするときに未経験でも商売ができるのがフランチャイズのメリットです。本部に加盟をして本部の看板を使い商売をできるのでビジネスがしやすいと言えるでしょう。自分で商売をするときには知名度を上げるための宣伝をしないといけませんが、すでに知名度の高い本部の名前を使えばお客さんは簡単に呼び込めます。
またノウハウ提供や経営指導を行ってくれるので準備に時間がかからないのも強みです。実際に本部に加盟をしたときにはデメリットもあります。加盟中はロイヤリティを支払い維持継続をしないといけないです。ロイヤリティを支払えないとフランチャイズを外されてしまうので大変と言えます。ただ売上を上げる事ができるように本部はサポートしてくれるため安心です。

契約期間があるので注意

フランチャイズをするときには本部と契約を行う必要があります。契約期間が設定されているだけでに途中でフランチャイズ店舗を閉店するときには違約金が発生するのがデメリットです。契約が終わったときに同業者間で再度営業を行うのは禁止されている企業も殆どとなっています。競合避止義務と呼ばれるルールで本部の情報をほかの会社に流失させないためのものです。
どれくらいの契約期間が設けられているのかはサービスにより変化します。フランチャイズを利用するときは将来設計をしっかり持ってから依頼をするのが基本です。また本部にどれくらいのブランド力があるのかも下調べすると安定して経営できます。デメリットを理解して契約をしましょう。