ラーメン業界のフランチャイズ

フランチャイズシステムは未経験者を経営者にするシステムです

会社に勤めている人は誰でも一度くらいは独立してお店を構えることを夢見るものです。その夢を実行に移す人もいれば夢だけで終わらせる人もいます。夢だけで終わらせる人の大半は会社員という立場を失うことに躊躇するからです。そして躊躇する理由は知らないことに対する不安です。人は誰しも未知のことに対しては不安になるものですので当然です。

そうした不安をできるだけ取り除く方法がフランチャイズシステムです。このシステムは本部が経営ノウハウを提供してくれますので安心して開業することができます。フランチャイズシステムに加盟して開業する場合と個人が一人で開業する場合ではリスクの度合いが違います。本部のアドバイスは開業立地の選定から開業後のサポートまで含まれているからです。

ラーメン業界は競争が激しいのが特徴です

ラーメンは国民食とまで言われていますので誰でもがお客様になります。この状況は一見すると有利な状況のように思えますが、反対に考えてみますと、参入する業者がたくさんいて競争が激しいことでもあります。そんな中で生き残っていくにはフランチャイズシステムはとても有利なツールです。昔から飲食店は「立地が勝負」と言われていますが、立地の選定は素人では不可能です。しかし、フランチャイズ本部は立地に関するデータをたくさん持っていますので的確な選定をすることが可能です。

ラーメンで最も大切なのは味です。おいしくなければ誰も食べに来てはくれません。その味を素人がだすのは無理があります。その点フランチャイズ本部は長年研究したおいしい味を確立していますので素人でもおいしい味を提供できます。そのほかにお店を構えるということは経営することですが、有益な経営ノウハウを提供してもらえるのがメリットです。